「まだ送ってなかったのかー!」と言われそう。
でも段ボールを受け取ったのが昨日だったので、受け取ってから発送までの期間はとても早いですんですよ、私的には!

申し込んだのが4月30日(水)、「空箱を発送しますよ」とお知らせメールが来たのが5月1日(木)、不在票が入っていたのが8日(木)。
少し遅め?とも思いますが、広島県から北海道への配達距離とゴールデンウィークを挟んだことを考えると妥当でしょうか?
あらかじめ「いつ頃になりますか?」という質問に「5月6日以降になると思います」という返信もいただいていたのですが、今回は何故か佐川さんの配達予定連絡メール等が一切入っていなかったので、少し不安になりました^^; 

申し込み時に「空箱はどこからの発送になりますか?GWはいないのですが、その前に着きますか?」という質問もさせていただきました。
「もしかしたら空箱は明輝堂さんからではなく佐川さんから直接いただけるものなのか、それならGW前に送れるかな」という淡い期待を確認するための質問でした。
結果、明輝堂通販部のある広島県から発送されるそうで、GW前に片付けることは叶いませんでしたが^^;





こんな感じで送られてきました↓
oheya-057-01_kaitori-doujinshi
無地の段ボール×5枚です。
右下の同人誌は大きさ比較です。

oheya-057-02_kaitori-doujinshi
そして同封物として、以下の佐川急便の発送用アイテム一式がビニール袋に入って貼付けられてきました。
■ 着払い発送伝票
■ 複数口荷物のための子伝票
■ 取扱注意のシール(2枚組み×5=計10枚)
■ セーフティーサービス「貴重品」のシール(2枚組み×5=計10枚)

通常はこれらの伝票類に、
①自分の住所
②荷物の個数
③管理番号
を記入し、貼って送れば済むようです。

しかし私は今回クロネコヤマトさんを利用させていただきました。
「『佐川急便推奨』というだけで『必須』ではない、お好みでOK」と明輝堂さんの公式買取ヘルプに書いてあったので、クロネコポイントを溜めたいがためにヤマトさんにいたしました。





それでは、やっと詰めていってみます。
oheya-057-03_kaitori-doujinshi
上に広げているのは、ほこりや水滴防止のために広げた梱包材です。
本当に梱包材優秀です(笑)



一箱詰め終えてこんな感じ↓
oheya-057-04_kaitori-doujinshi
oheya-057-05_kaitori-doujinshi
予想以上に入り過ぎてビビった。

どこかで「一箱約80冊収納可能」と読み5箱頼んだはずなのですが、入れてみたら早々に約半分収納できてしまいました。
389冊の半分なので、195冊ほどでしょうか。
少しブ厚めになりがちなA5は入れず薄めのB5のみを入れてこれなので、実際はもっと、200冊以上入っていると思います。

空箱が必要な場合は申し込み時の箱数選択は必須だったはずですが、ヘルプには「適切と思われるサイズ・数の空箱をお送りします。」と記載されていたので、「明輝堂さんで調節してくれるのだろう」と勝手に思っていたのですが・・・油断していました。
これは申し訳ないことになりそうな予感。



そして2箱目を用意しようとして新たな事実に気づく。
oheya-057-06_kaitori-doujinshi
箱の大きさが違う!
小さいのと大きいの、2種類あるっ!

ちなみに、小さいのがS-No.3(内寸法 375 × 265 × 280(m/m))、大きいのがL-No.3(内寸法 455 × 315 × 280(m/m))と書いてありました。

てっきり縛っている時の関係でずれているだけだと思い込んでいたので、考えなしに一箱目(S-No.3)を組み立ててしまいました。
「2箱目はA5が混じってくるので少しかさみそうなんだが、どちらにしよう・・・」と、ここで少々悩みます。



結局同じ小さい方(S-No.3)にして詰めていきます。
oheya-057-07_kaitori-doujinshi
B5サイズの同人誌を詰め終わった所↑

oheya-057-08_kaitori-doujinshi
A5、その他もろもろ5冊ほどの特殊形状同人誌も詰め終わった所↑
これで全部です。

おおぉ、めっちゃくちゃぎりぎり・・・!!!
背表紙と小口による、微妙な本の凹みがなければ入れられなかったほどギリギリです。

嬉しい、感動・・・!
でもやっぱり2箱で済んでしまった・・・!!orz

明輝堂さん、すみません!
どうすればいいか調べた所「余った箱は使ってください」と買取ヘルプに書いてあったので、ありがたく頂戴することにします。
・・・段ボールいっぱいになってきたから、用途少なそうな物からまたセイコーマートに持っていこうかな。



「やっちまったな・・・」と思いながら、梱包材を詰めます。
oheya-057-09_kaitori-doujinshi
あとは必要書類を書いて入れて蓋をするだけ。



「着払買取り荷物送付伝票」は、申し込んだ後にウェブから必要事項を記入して作成します。
そして出来たPDFを印刷すればいいようなのです。
ウチのプリンタはまだこの汚部屋に埋まっているので、前回のネットオフ同様、今回も手書きメモします。
oheya-057-10_kaitori-doujinshi
メモの記入例は見つからなかったので、以下のウェブ上で記入した事項をまるまる全部書きました。

管理番号/名前/ふりがな/生年月日/職業/郵便番号/住所/電話/メール/備考

あ、「備考」のみこの段階で付け足しました。
私が申し込み時に書き間違ったCP、記入し忘れたジャンルがあったことへの不備お知らせです。
申し訳ないです。



そしてメモした伝票を入れます。
oheya-057-11_kaitori-doujinshi
荷物が複数個あっても、伝票は一つの箱に入れれば十分だそうです。
段ボールに同梱されてきた佐川さんの発送伝票類も使う当てがないので、一言添えてお返しすることにしました。



上を閉めて、ヤマトさんに集荷してもらったらひとまず終了!
あとは荷物が明輝堂さんに到着し、査定結果が出るのを待つばかりです。
(写真を撮り忘れましたorz)

正直結果はそこまで行かない・・・どころかマイナスになりそうで怖いです。
荷物の送料、2伝票どっちも2,052円って書いてある・・・ということは2箱合わせて4,104円?
普段荷物は受け取るばっかりで送ることなんてないので、こんなに値が張るとは思わずビックリしています。 
もし「タダで引き取り」ということになっても、明輝堂さんにとってはマイナスだろうなぁと思うと申し訳ないです。





でもおかげさまで、発送した後はとってもすっきり!
oheya-057-12_kaitori-doujinshi
テレビの後ろに立て鏡があるのですが、久しぶりに鏡の真ん前で身支度をできそうです(笑)





GWでしばらくお休みをいただいてから時間の配分が分からなくなりました。
4時寝とかしてるくせに一向に片付けが出来ない!
今回の発送準備も夜の3時頃から始めて、間にちょこちょこ別のことをしながら6時過ぎに一度寝、昼の3時頃から発送伝票を書き始めるという、なんとも不思議なスケジュールで行いました。
要領の悪さは昔からですが、自分の生活リズムまで忘れてしまうほどの鳥頭とは思わなんだ・・・
なんとかリズム、取り戻します。

▼クリックで応援お願いいたします。
 にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ



▼ 本・CD・DVD・ゲームを売るなら ▼